渋沢栄一の偉業

 産業革命の先頭を切ったのは紡績業でした。紡績業とは主に綿花をつむいで綿糸をつくる産業ですが、江戸時代は原始的な手作業でおこなわれていました。明治初期になるとガラ紡という安くて簡単な機械が普及し生産性が10倍上がりましたが、それでもイギリスの生産性には遠く及びませんでした。

 

 

 同じ頃、政府の官営模範工場ではイギリス製の機械を導入しました。しかしこれも規模が小さく水車で機械を動かしていたため大量生産はできませんでした。

 

 

 この状態を脱皮したのは大阪紡績会社でした。1882年に渋沢栄一が設立したこの会社は蒸気力を動力源とし、イギリス製の機械を昼夜2交代労働で24時間フル稼働させました。原料である綿花は国内産のものよりも安い中国やインド産のものを使いました。工場の規模も官営工場の約5倍でしたからまさに大勝負にでた会社と言えるでしょう。

 

 

 

 大阪紡績会社の成功にならって同規模の紡績会社がいくつも設立されると1890年には国産の綿糸生産量が輸入量を上回りました。この間、松方デフレの影響で安い労働力が手に入りやすかったことも好条件でした。

 

 

 さらに日清戦争後には中国や朝鮮市場に綿糸の輸出を増やし、綿糸の輸出量が輸入量を上回るほどになりました。日本はついに紡績業で世界レベルになったのです。

 

 

 そしてこの渋沢栄一は国立銀行条例を起草して第一国立銀行の頭取をつとめた人物です。その後は財界屈指の指導者となり王子製紙や、大阪紡績をはじめ多くの分野の会社の創立に関わりました。その過程で外国には見られない日本独特の財界協調主義をつくりだしたわけですが、これにより業界談合体制を生んでしまったともいえます。渋沢は第一銀行を中心とする渋沢財閥を形成し引退後は社会事業につとめました。

 

 

 

 生糸をつくる製糸業でも産業革命がおこりました。幕末に生糸が大量に輸出された際に座繰り製糸が広まりました。これは女性が座って生糸を繰る方法です。

 

 

 官営模範工場の富岡製糸場ではそれより生産性の高い器械製糸がおこなわれていました。すると農村の小規模工場でも器械製糸が広まっていき1894年には器械製糸が座繰り製糸を上回りました。

 

 

 紡績業が原料や機械を外国製に頼っているのに対し、製糸業は原料・機械ともに国産でしかも安いのが長所でした。外国に対して一銭も払わずに生産できるのです。そうしてできた生糸はアメリカなどに大量に輸出され、製糸業は外貨獲得産業として非常に重要視されました。

 

関連ページ

戊辰戦争
五箇条のご誓文、五傍の掲示、版籍奉還
廃藩置県から岩倉遣外使節団
国民皆兵、地租改正
国民皆学、交通・通信の向上
文明開化の波
明治時代、士族は年金暮らし?
明治時代の琉球と朝鮮と日本の関係
明治六年の政変から台湾出兵、江華島事件
樺太・千島交換条約から自由民権運動へ
士族の不満と反乱
大久保の最期と次世代への道
明治時代の士族の不満と反乱
大久保利通が亡くなった後の政治
自由民権運動の広がりと新時代
政党の結成と私擬憲法
民権派の再結集と初代内閣総理大臣
大日本帝国憲法の制定
明治憲法の内容 
黒田清隆の超然主義
挫折を繰り返す明治時代の条約改正と大津事件
朝鮮国内の混乱から日清戦争へ
日清戦争後の政治形態
ロシアとの対立と清の列強支配
伊藤博文と山県有朋の対立
日英同盟と日露協商。優先は?
反対者も多かった日露戦争
納得できなかったポーツマス条約
松方デフレから産業革命へ
製糸業の発展と製鉄業
金本位制と労働運動の広がり
足尾銅山鉱毒事件と大逆事件
大正の始まりと軍部拡張
シーメンス事件から第一次世界大戦
日本軍の動きと大戦景気
ロシア革命とシベリア出兵
西園寺公望とパリ講和会議
領土問題とワシントン会議
日本の帝国主義と大正デモクラシー
天皇と天皇機関説
農民運動と原敬
原敬の最後と関東大震災