松方デフレから産業革命へ

 明治政府がなかなか兌換制度を確立できないでいた1877年、西南戦争がおこりました。当時、大蔵卿をつとめていた大隈重信は戦費不足を不換紙幣の乱発で補い、これを切り抜けました。

 

 

しかし紙幣の乱発はインフレを招きます。物価は上昇し、税収入の大半を地租にたよる政府は困っていきました。これは物価が上がっても地券に書かれた地価は簡単に書き換えることができないからです。物価が変わらないということは地租も変わりません。政府としては収入が増えないのに物価ばかりが上がって財政が行き詰ったのです。

 

 

 大隈もこのインフレを解消しようとしたのですが根本的な財政転換を行うことができないまま明治十四年の政変で下野しました。

 

 

 

 政変後に大蔵卿となった松方正義はデフレ政策に大きく舵をきりました。軍事費以外の支出をおさえる緊縮財政をとるいっぽうで酒やタバコの税金を上げたのです。浮いたお金を捨てていけば世間に流通する不換紙幣は減っていくという考え方です。

 

 

紙幣の流通量が減れば自然と物価が下がるので安くなった日本商品が外国に売れて行きます。こうして輸出超過になれば外国が支払う金貨や銀貨が日本に蓄積されていきます。

 

 

 そのいっぽうで松方は1882年に唯一の発券銀行として日本銀行を設立し、各国立銀行には紙幣の発行を停止させました。そして銀貨が十分に貯まった1885年に日本銀行から銀兌換紙幣を発行させ翌年から紙幣の銀兌換を開始したのです。ここにきてようやく明治初めに政府が目指していた金本位制には届きませんでしたが銀本位制の兌換制度を確立できたのです。

 

 

 

 このころ富岡製糸場などの官営模範工場は実はほとんど赤字経営におちいっていました。そこで松方は思い切ってそれらを民間に払い下げしていきました。払い下げをうけたのは政治家と結びつく商人、つまり政商の三井や三菱などです。彼らは非常に有利な条件で鉱山や工場を買い取り、それを足がかりにして明治末期以降、財閥へと成長していきます。

 

 

たとえば三井は三池炭鉱、富岡製糸場、新町紡績所など。三菱は高島炭鉱、佐渡金山、生野銀山、長崎造船所などです。

 

 

 松方デフレは貧農を生み出していきましたが、その子女は安い労働力となり結果としては産業革命に貢献しました。家計を助けるためにたとえ低賃金で労働条件が悪くても働きにでなければいけなかったのです。一日の半分以上を労働時間にあてられ、住居も狭く賃金が安いという過酷なものでした。

 

 

関連ページ

戊辰戦争
五箇条のご誓文、五傍の掲示、版籍奉還
廃藩置県から岩倉遣外使節団
国民皆兵、地租改正
国民皆学、交通・通信の向上
文明開化の波
明治時代、士族は年金暮らし?
明治時代の琉球と朝鮮と日本の関係
明治六年の政変から台湾出兵、江華島事件
樺太・千島交換条約から自由民権運動へ
士族の不満と反乱
大久保の最期と次世代への道
明治時代の士族の不満と反乱
大久保利通が亡くなった後の政治
自由民権運動の広がりと新時代
政党の結成と私擬憲法
民権派の再結集と初代内閣総理大臣
大日本帝国憲法の制定
明治憲法の内容 
黒田清隆の超然主義
挫折を繰り返す明治時代の条約改正と大津事件
朝鮮国内の混乱から日清戦争へ
日清戦争後の政治形態
ロシアとの対立と清の列強支配
伊藤博文と山県有朋の対立
日英同盟と日露協商。優先は?
反対者も多かった日露戦争
納得できなかったポーツマス条約
渋沢栄一の偉業
製糸業の発展と製鉄業
金本位制と労働運動の広がり
足尾銅山鉱毒事件と大逆事件
大正の始まりと軍部拡張
シーメンス事件から第一次世界大戦
日本軍の動きと大戦景気
ロシア革命とシベリア出兵
西園寺公望とパリ講和会議
領土問題とワシントン会議
日本の帝国主義と大正デモクラシー
天皇と天皇機関説
農民運動と原敬
原敬の最後と関東大震災