戊辰戦争

 江戸時代から明治時代、年代では分けられている時代ですが、歴史的背景や関連する人物が総入れ替えされるわけではありません。幕末に活躍した人物の多くが明治時代の初期にはそのまま活躍しており、流れで覚えておくことが重要となります。

 

 

 ここではまず薩摩・長州を中心とする新政府軍と旧幕府軍とのあいだに起こった戊辰戦争について述べていきます。

 

 

 勘違いしてはいけないのはどこかで一度戦ったことについてを戊辰戦争というのではなく京都の鳥羽・伏見の戦いを皮切りに東日本を縦断して戦い続け北海道箱館(現在は函館)五稜郭の戦いまでの一連の戦いのことを戊辰戦争ということです。

 

 

 この戦いでは旧幕府軍は押されっぱなしで、本拠地であった江戸城も実際には戦うことなく無血開城して新政府軍に明け渡しています。このときは新政府軍の西郷隆盛と旧幕府軍の勝海舟が会談を行い、幕府最後の将軍である徳川慶喜を処刑しないことを条件に開城したと言われています。

 

 

 そのあたりから戊辰戦争は二段階目に入っていきます。東北・北海道・新潟などの勢力が、奥羽列藩同盟を作り、新政府軍と争う形になっていきます。

 

 

それに対して新政府軍はまず上野の旧幕府軍勢力である彰義隊を攻撃します。このときは新政府軍の司令官であった大村益次郎が新兵器であるアームストロング砲で彰義隊を狙い打ちにし、一日で壊滅させました。

 

 

その後、徐々に戦地は東北へ移り白虎隊の悲劇で有名な会津若松城の戦いなどを経て、北海道の箱館へと動いていきます。ここでは旧幕府軍の海軍副総裁であった榎本武揚が五稜郭に立てこもり、独立国(蝦夷共和国)を作ろうとしました。しかしもちろん許されず、ここで五稜郭の戦いが行われます。

 

 

この戦いでは新撰組の生き残り(この時点で新撰組は部隊としては成立していない)の土方歳三が戦死しています。新撰組は局長の近藤勇がすでに千葉の流山で捕縛され、処刑されており幹部たちも病死したり(沖田総司)離脱したり(永倉新八、原田左之助)しており、生き残っている隊員を土方が率いている状態でした。

 

 

 この最終局面で榎本武揚は薩摩藩の黒田清隆の説得を受けて降伏します。数年後、榎本は罪を許され北海道開拓使の仕事に就きます。のちには政府の大臣をつとめることにもなりました。勝海舟も同じような経歴をたどったため、後に福沢諭吉はこの二人のことを「武士として潔くない」と批判しました。能力は認められているものの歴史的評価が分かれているのはこういった事情からだと考えられています。

 

関連ページ

五箇条のご誓文、五傍の掲示、版籍奉還
廃藩置県から岩倉遣外使節団
国民皆兵、地租改正
国民皆学、交通・通信の向上
文明開化の波
明治時代、士族は年金暮らし?
明治時代の琉球と朝鮮と日本の関係
明治六年の政変から台湾出兵、江華島事件
樺太・千島交換条約から自由民権運動へ
士族の不満と反乱
大久保の最期と次世代への道
明治時代の士族の不満と反乱
大久保利通が亡くなった後の政治
自由民権運動の広がりと新時代
政党の結成と私擬憲法
民権派の再結集と初代内閣総理大臣
大日本帝国憲法の制定
明治憲法の内容 
黒田清隆の超然主義
挫折を繰り返す明治時代の条約改正と大津事件
朝鮮国内の混乱から日清戦争へ
日清戦争後の政治形態
ロシアとの対立と清の列強支配
伊藤博文と山県有朋の対立
日英同盟と日露協商。優先は?
反対者も多かった日露戦争
納得できなかったポーツマス条約
松方デフレから産業革命へ
渋沢栄一の偉業
製糸業の発展と製鉄業
金本位制と労働運動の広がり
足尾銅山鉱毒事件と大逆事件
大正の始まりと軍部拡張
シーメンス事件から第一次世界大戦
日本軍の動きと大戦景気
ロシア革命とシベリア出兵
西園寺公望とパリ講和会議
領土問題とワシントン会議
日本の帝国主義と大正デモクラシー
天皇と天皇機関説
農民運動と原敬
原敬の最後と関東大震災