明治時代記事一覧

 江戸時代から明治時代、年代では分けられている時代ですが、歴史的背景や関連する人物が総入れ替えされるわけではありません。...

江戸で西郷と勝が江戸城無血開城についての会談を行った日、京都では新政府が五箇条のご誓文をだしました。これは政治の基本方針...

廃藩置県は、すべての政治家の了承を得た上ではなく、大久保利通や西郷隆盛、木戸孝允などの一部の指導者だけで極秘に決定され、...

岩倉遣外使節団がアメリカ・ヨーロッパを回っているあいだ、留守政府をまとめていたのは西郷隆盛や板垣退助たちでした。彼らは岩...

人材育成のため、教育制度の改革にも取り組みました。もともと、江戸時代後期の日本人の識字率はかなり高いものでした。全国には...

 街や人々の様子も明治に移るころに大きく変わってきます。銀座通りには煉瓦造りの洋館が建ち並び人力車や鉄道馬車が走るように...

 江戸時代の士農工商にかわり、明治時代には華族・士族・平民という分類ができました。大名や公家が華族に、武士が士族に、それ...

明治時代、新政府は周辺諸国との関係構築にも取り組みました。まず1871年に清との間で互いに対等な関係を認める日清修好条規...

 征韓論争は天皇が朝鮮への使節派遣を無期延期したことで決着しました。公家の岩倉具視が天皇に意見をしたと言われています。岩...

ロシアとのあいだでは1875年に樺太・千島交換条約を結びました。 樺太は幕末に結んだ日露和親条約で両国雑居地と定めていた...

 自由民権運動がはじまったころ、士族たちも反乱を起こしはじめていました。 明治維新のさまざまな改革は士族に不満を抱かせる...

 どんどん広がっていく自由民権運動しずめるべく、大久保たち政府は動きます。板垣と木戸孝允に呼びかけて大阪会議を開き、両者...

自由民権運動がはじまったころ、士族たちも反乱を起こしはじめていました。 明治維新のさまざまな改革は士族に不満を抱かせるも...

 どんどん広がっていく自由民権運動しずめるべく、大久保たち政府は動きます。板垣と木戸孝允に呼びかけて大阪会議を開き、両者...

1875年の大阪会議で板垣退助は参議に復帰し民権運動は一時下火になりました。しかし板垣はまもなく参議を辞し西南戦争のさな...

国会が開かれることが決まると政党の結成が相次ぎました。まずこれまで民権運動をおこなっていた勢力が基盤となって1881年に...

 自由党員と農民が激化していったのに対し、自由党幹部の動きは異なっていました。後藤象二郎は政府に買収され、板垣退助も政府...

 内閣ができたころすでに岩倉具視は亡くなっていましたが三条実美は存命だったため、その処遇が問題になりました。そこで三条に...

 明治憲法では首相は議会だけでなく内閣を操縦するのにも苦労しました。国務大臣はそれぞれの責任のもとに天皇を輔弼(助ける)...

実際に議会が始まったらどうなるかを考えてみます。政府の提案する予算案は帝国議会で賛成多数を得なければ成立しないからです。...

岩倉遣外使節団が挑戦した条約改正は、その後、明治末期まで40年もの歳月をかけて実現するにいたります。その過程を見ていきま...

 日朝修好条規を結んで開国した朝鮮では新清派と親日派の対立から二度にわたるクーデターがおこりました。1882年の壬午軍乱...

 日清戦争にかかった費用は約2億円でした。これは当時の国家予算の2倍強で、戦後それよりも大きな賠償金を得たことになります...

 清は欧米列強による中国分割が進んでいました。日本に敗れた清の弱みにつけこんで各国が勢力範囲を求め、特定の地域を租借して...

第二次山県内閣と提携していた憲政党はやがて山県との関係を解消しました。山県は政策実行のために政党と提携していただけで政党...

長州藩出身の桂太郎は戊辰戦争における功績で得た資金でドイツに留学し、そこで学んだドイツ軍制を日本の陸軍の改革にいかしまし...

 日露戦争のとき、日本国内では主戦論と非戦論がぶつかりあっていました。東大七博士とよばれる学者たちが主要論をとなえ、国民...

日本海海戦の勝利後、日本はアメリカ大統領セオドア=ルーズベルトに講和の斡旋をお願いしました。講和会議はアメリカのポーツマ...

 明治政府がなかなか兌換制度を確立できないでいた1877年、西南戦争がおこりました。当時、大蔵卿をつとめていた大隈重信は...

 産業革命の先頭を切ったのは紡績業でした。紡績業とは主に綿花をつむいで綿糸をつくる産業ですが、江戸時代は原始的な手作業で...

 山本茂美の「ああ野麦峠」という作品には製糸業で働く工女たちの様子がかかれています。岐阜県飛騨地方の女性が野麦峠を越えて...

 松方財政の際に確立した銀本位制は貿易収支に好影響をあたえました。当時は世界的に金に対する銀の価値を低く見る傾向、つまり...

労働問題のいっぽうで、環境を害する問題もおこっていました。なかでも有名なのは足尾銅山鉱毒事件です。栃木県の足尾銅山では廃...

 1912年7月、明治天皇が亡くなると明治元年に定められた一世一元の制にもとづき元号が変わって「大正」となりました。19...

新たに元老となった西園寺公望の要望で元老山県は次なる首相に山本権兵衛を推薦しました。長州・陸軍閥の桂太郎が民衆の猛反発を...

第一次世界大戦のことを元老の井上馨は「大正新時代の天佑」と言っています。これは日本からは参加できるのに対して、ヨーロッパ...

第一次世界大戦は1914年から1918年までつづきますが、その間の1917年にロシア革命がおこりました。長引く戦争で食料...

第一次世界大戦が英米仏らの連合国の勝利に終わると1919年、パリ講和会議が開かれました。日本からは西園寺公望らが参加しま...

 アメリカは民族自決をとなえてはいましたが、もちろん本気ではありません。自分たちもフィリピンを占領しようとしていたくらい...

ワシントン体制で日本が抑制されてくると日本の中にも不満を持つ人がでてきました。日本が行った二十一か条の要求などはかつて欧...

憲法学者の美濃部達吉は天皇機関説という憲法学説をとなえました。実は明治憲法を読みぬくと、天皇に主権があるとは言いがたい部...

農民運動では、最初の小作人組合である日本農民組合が、また部落開放運動では部落差別をなくすことを訴える全国水平社が結成され...

 原敬の特徴としては、心の中で藩閥政治家に反感をもっていても表立ってぶつかることをしなかったということがあります。山県有...