弥生時代〜古墳時代〜飛鳥時代記事一覧

現在、私たちが使っている日本の文字は、古代中国でうまれた漢字がもとになっています。漢字で文章を書く技術が日本列島に本格的...

中国の正史から見えてくる紀元前1世紀ごろから紀元1世紀の日本列島の姿は倭人と呼ばれる人々がいくつもの小国を作り、その一部...

魏の皇帝は倭人のなかで倭王がより有利な立場になるように、色々な支援をしました。たとえば、皇帝はふつうの国際交流では手に入...

魏志倭人伝によると、卑弥呼は役人を使って小国同士の品物のやりとりを管理していました。また、国際交流の窓口である九州北部の...

邪馬台国の卑弥呼は彼女のもとにあつまる約30もの国々の支配者たちをまとめあげることで連合の王として権力をふるいました。こ...

卑弥呼がいた3世紀前半ごろは九州もまた、非常に重要な地域です。なかでも伊都国や奴国があった九州北部には中国や朝鮮半島から...

ホケノ山と同じような形の墓は関東地方から九州北部にまで広がっていますが、特にこの纏向遺跡の周辺に集中しています。しかもそ...

箸墓古墳では、楯築など岡山県の墳丘墓でももちいられた、特殊器台や特殊壺という土器が見つかっています。この特殊器台や特殊壺...

前方後円墳は、箸墓古墳のあと、東北地方南部から九州南部までの広い地域で築かれるようになります。そのなかには、箸墓古墳をそ...

「魏志」倭人伝によると、3世紀の中頃に倭王卑弥呼が亡くなります。その後、男性の王が即位しますが連合していた国々は従わず争...

4世紀初めに、倭国にとって中国王朝との窓口だった楽浪郡や帯方郡が滅び、倭国と中国とのやりとりが少なくなってきます。そのた...

北朝鮮との国境に近い中国吉林省集安の地には広開土王碑とよばれる高さ6mあまりの巨大な石碑があります。この碑は高句麗の長寿...

倭の五王が活躍する5世紀ごろになると、古墳文化に大きな変化が訪れます。そのため、5世紀ごろを古墳時代の中期と呼びます。最...

日本列島に広がる渡来人と渡来文物は倭国の文化を変えていきます。まず、生産力や軍事力と結びつく鉄器生産技術が新しくなりまし...

5世紀なかごろまでの倭国には、渡来人がもたらした複雑な技能や知識を学び取り、次の世代へと伝える体制が、まだ確立されていま...

江田船山古墳の太刀銘は「獲加多支歯大王」の時代に「典曹人」が作りました。典曹人は軍事以外の仕事をする文官のことです。銘文...

倭王が頼りにしていた百済は475年に高句麗に攻められて力が衰えます。倭王の権威をささえた南朝の宋も479年に斉に滅ぼされ...

5世紀が終わろうとするころ、武王が亡くなります。すると彼が推し進めてきた強引な改革に対する不満が一気に噴き出し、大王の位...

520年代に入ると新羅もいよいよ伽耶攻略にむけて動き出しました。継体大王のもとには救いをもとめる伽耶からの使者もきていま...

6世紀ごろになると、古墳文化に変化がおこります。そのため、この時期を古墳時代後期とよんでいます。この後期の古墳を代表する...

磐井の乱からもわかるように、6世紀前半には大王の権力が衰え、地域社会も混乱していました。倭国の支配者たちにとって、思い切...

王権が管理するミヤケで生産されたものは地域で分配されるだけでなく、中央の王族や豪族のもとへ運ばれたり、地方の軍事拠点のミ...

6世紀にあたる古墳時代の後期には、全国のあちこちで狭い範囲に密集して小型の古墳が築かれるようになります。これを群集墳とい...

京都や奈良には古い仏教寺院が現在も多く残っています。仏教は日本の歴史や文化を語るうえで欠かせないものです。しかし、アジア...

仏教の受け入れをためらう倭の豪族が多いなかで、蘇我稲目だけは仏教の受け入れを強く主張したといいます。蘇我氏はミヤケの経営...

飛鳥寺は、倭国ではじめて本格的な仏教寺院です。日本ではじめて建物に瓦をとりいれたことでも知られています。その瓦の作り方は...

飛鳥寺が建てられていたころ、古墳にも変化がうまれます。欽明大王や敏達大王の墓は前方後円墳でしたが、敏達につづく用明・崇峻...

推古大王の政権は西暦600年、中国の隋に使いを送りました。これは、武王以来、約120年ぶりのことです。隋は300年近くも...

煬帝は隋の2代皇帝で隋の最期の皇帝です。父の文帝のあとをつぎ、604年に即位しました。大運河の整備や高句麗との戦いを積極...

610年代に入ると隋は大土木工事や高句麗遠征の影響で急速に衰えます。そして618年に煬帝が反乱軍によって殺され、隋は滅ん...

吉備池廃寺は1997年からの発掘により、大規模な寺院であることが明らかになりました。その塔は九重であったといわれ、地面に...

645年6月12日、倭の政界は突然おこった争いに騒然とします。中大兄皇子をはじめとする人たちが大王の目の前でいきなり大臣...

652年、孝徳大王は新しくおかれた難波長柄豊碕宮に移ります。その宮は大阪市内の中心部、大阪城の南のあたりです。この付近は...

乙巳の変のあとも東アジアでは高句麗と百済、唐と新羅がそれぞれ手をむすび、両者がにらみ合っていました。これに対し、倭国は唐...

671年1月には大王に直属する役職を新しくつくるなど、中央の政治体制をととのえ、さらに大王に権力を集中させようとします。...

百済と高句麗が滅んだのをきっかけに唐は朝鮮半島をさらに支配しようとします。新羅はこれに反発し、671年に両国が争いはじめ...

壬申の乱で勝利をおさめた大海人皇子は673年2月、飛鳥浄御原宮で即位しました。これが天武天皇です。この天武天皇の時代に「...

天武天皇の命令で編纂されはじめた日本書紀は720年に完成しました。その前に作られた「古事記」は天皇の命令で作られたもので...

官僚制の整備と並んで国土の整備もすすんでいきました。地方社会では、それまで各地の豪族たちが支配している地域を「評」として...

天武天皇の時代には居力な中央主権国家の建設にむけて、さまざまな政策が打ち出されました。しかし、これらの政策の多くが完成し...

大宝律令が施行された翌年の702年、唐にむけて遣唐使が出発しました。約30年ぶりの遣唐使でした。唐についた彼らは唐の官人...

7世紀の終わりに各地に国がおかれましたが、大宝律令の施行後は国の下に郡が、郡の下に里がおかれ、国には国府、郡には郡家とい...

人々が納める税は、基本的には租・庸・調の3種類でした。租は班田から収穫した稲のうち3%を納めるもので、これはその人が住む...

筑前国の戸籍を見てみると墨できっちりと罫線が引かれ、しっかりとした楷書で1行にひとりずつ名前が記されています。最初の行に...

都には全国から税が運ばれてきます。その税には木でつくられた荷札が括りつけられ、その税がいつ、どこの、だれによって納められ...

7世紀後半から、日本列島の倭王権は中国から学んだ律令制度に基づく国づくりをすすめました。この時期に律令を取り入れようと考...

7世紀ごろのさまざまな制度や文物は、海をわたって日本列島は海を渡って日本列島にやってきた人々だけがもたらしたわけではあり...

8世紀の遣唐使はふつう、外交使節のほか、留学生や留学僧、通訳や技術者など400人から500人あまりの人々が4隻の船に分か...

新羅商人のもたらす香料・薬物・染料・顔料・調度品や渤海商人がもたらすテンやクマなどの毛皮、遣唐使がもたらす品物などは都の...

8世紀にはいって日本という国名がうまれ、古代国家は中国に自分たちは「日本」であると名乗ります。しかし、このころの日本は今...

710年に都となった平城京には様々な人々が住んでいました。平城京の北側の中央には平城宮という区画があります。そこには天皇...

 長屋王邸宅跡から出土した木簡の中に山城国乙当郡出身で29歳の出雲臣安麻呂という人物が出てきます。無位出雲臣安麻呂 年二...

正倉院文書のなかに、他田日奉部神護という下級官人が748年ごろに書いた就職願いが残っています。それによると神護は下総国海...

正倉院に伝わる古文書の多くは、このころ仏教の経典を書き写すために東大寺に置かれていた写経所という役所が残した書類です。国...

平城京の左京と右京には、それぞれ東市と西市という国が作った市場がもうけられていました。これはおもに、都の役所や官人たちの...

「日本霊異記」に載っている説話で交易に関するものがあります。聖武天皇のころ、平城京に楢磐嶋という人が住んでいました。楢磐...

8世紀はじめに律令制度が本格的にはじまるようになってから都の外の地方社会では、それ以前に比べて変わった部分と変わらなかっ...

郡司の権威をしめすものとして挙げられるものに郡符木簡があります。郡符木簡とは郡司が配下の人々に様々な命令をくだすときにも...

人々は農作業ばかりではなく、生活のために様々な労働をしていました。庸・調といった都に納める税も、その地域の特産物があてら...

人間が生きていくために行う様々な労働は時に自然環境に大きな変化を及ぼします。「開発」という行為がそれです。奈良時代も例外...

8世紀になって律令制度が本格的にはじまると、水田開発がそれまで以上に大切になっていきます。班田収授法を全国で実施するため...

729年から20年ほど続いた「天平」という年号は、奈良時代を象徴することばとしてよく使われます。しかしその文字から連想さ...

天平と年号を変えたあとも政治は安定しませんでした。毎年のように不作や飢饉が続き、734年には大地震も起こりました。さらに...

聖武天皇は、恭仁宮に都を移した741年、全国にひとつの命令を出します。「国分寺建立の詔」です。この命令は全国に国分寺と国...

国家は仏教をとても大切なものと考え、これを保護しました。そのかわりに、仏教は国家のもとで様々な制約をうけます。僧や尼にな...

陸奥国で金が発見された749年、そのことを記念して年号が天平感宝とあらためられました。同じ年、聖武天皇は皇太子だった阿倍...

淳仁天皇は即位の直後、藤原仲麻呂の姓に恵美の2字を加え、さらに押勝という名前を与えました。つまり藤原恵美朝臣押勝という名...

藤原仲麻呂の権力にかげりが見え始めたのは760年、光明皇太后が亡くなってからのことでした。光明皇太后の後ろ盾を失うことで...

称徳天皇は皇太子を定めなかったため、称徳天皇が亡くなってから、だれを次の天皇にするかが問題になりました。そこで候補にあが...

長岡京が建設されるまで水陸交通の中心として重視されていたのが、大阪湾にあった難波津でした。遣唐使も難波津から出発しており...

長岡京や平安京も、水陸の交通に便利な土地として選ばれましたが、理由はそれだけではありません。これらの場所はいずれも渡来系...

光仁天皇の時代、780年に陸奥国の伊治城で都から派遣されていた陸奥按察使の紀広純が蝦夷出身の上治郡の長官、伊治呰麻呂に殺...

平城京にかわって都とされた長岡京はわずか10年で廃止されました。長岡京につづく新しい都が「平安京」です。平安京のすがたは...

桓武天皇が亡くなった806年ののち、天皇の位はどのようにひきつがれていったのでしょうか?桓武天皇のあとつぎは、はじめは弟...

833年、淳和天皇は嵯峨の息子に位をゆずりました。即位した仁明天皇のもとで皇太子になったのは淳和の息子の恒貞親王でした。...