江戸幕府の役職と支配 大老・老中・若年寄・奉行とは

 

 江戸幕府の最高権力者は将軍です。しかし、将軍になった人物が必ずしも将軍にふさわしい能力をそなえていたわけではなく、なかには幼すぎる将軍や病弱な将軍もいました。こういった将軍をささえたのが幕府の役人たちでした。

 

大老

 幕府のなかで政治全体をまとめる最高職が大老です。大老は政治をする上で難しい問題が起こったときなどに臨時でおかれる定員1名の特別職です。10万石以上の譜代大名のうち、酒井、土井、井伊、堀田の4家から任命されました。4代将軍家綱の時期に権力をにぎった酒井忠清や、幕末に開国をすすめて暗殺された井伊直弼などが有名です。

 

 

老中

 大老とちがい、幕府のなかで常におかれていた職のうちで一番上位なのは老中でした。老中は定員が3名から5名で譜代大名のなかから選ばれました。将軍を補佐し、全国を治める政治や外国などとの関係を担当しました。寛政の改革を主導した松平定信や天保の改革を主導した水野忠邦などが有名です。

 

 

若年寄

 老中につぐのは若年寄です。若年寄は定員が3名から5名で、これも譜代大名から選ばれました。

 

 

三奉行

 そして寺社奉行、勘定奉行、町奉行を合わせて三奉行とよびます。そのなかでもっとも地位が高いのが寺社奉行です。これは将軍直属で、譜代大名がつきました。寺社奉行はだいたい4名で全国の寺社とその領地、門前町、神官、僧などを監督し、寺社領や門前町の訴訟や事件などの処理を行いました。

 

 

 町奉行として知られる大岡越前守忠相も町奉行から昇進して寺社奉行になっています。寺社奉行は大名がつとめる役職だったので、旗本だった忠相はのちに大名に取り立てられました。

 

 

 勘定奉行は旗本がつとめる職でした。定員が4名から5名で全国に存在する約400万石の幕府領を支配する代官などを監督し、幕府領からの年貢収入や幕府のさまざまな支出を管理しました。

 

 

 町奉行は江戸の町人が住む土地の行政・司法・治安・消防など市政全般を担当し、3000石の旗本がつとめました。南北ふたつの奉行所があり、毎月交代でした。

 

 

 幕府の中には他にも朝廷や西国大名を監視する京都所司代、大阪城の管理や京都所司代とともに西国大名を監視する大阪城代、大名を監視する大目付、旗本や御家人などを監視する目付などの職がありました。さらに幕府が直接支配する京都、大阪、駿府にもそれぞれ町奉行をおき、奈良、長崎、佐渡、日光などにも奉行がおこれました。これら江戸以外の奉行が遠国奉行です。こうしたしくみは3代将軍家光の時期にととのえられました。

関連ページ

関が原の戦いと幕府開設 
方広寺鐘銘事件と大阪の陣
幕府のしくみと徳川家光の政治
江戸時代の身分制度 士農工商
江戸時代の農民の自治とゆるやかな身分制
江戸時代の中国と朝鮮と朱印船貿易
江戸時代 日本町と鎖国への道
江戸時代のキリスト教の弾圧
島原・天草一揆
南蛮船来航禁止と鎖国と対馬
鎖国中の長崎の窓口
江戸時代、鎖国中の薩摩の窓口
鎖国中の松前の窓口
江戸時代の交通と流通の発達
江戸時代の農業の発達
江戸時代の政治-武断政治から文治政治へ-.
江戸時代の幕府の浪人(牢人)対策
江戸時代将軍綱吉と生類憐みの令
新井白石の正徳の治
8代将軍吉宗誕生
享保の改革
享保の改革 目的・内容・成果
9代将軍徳川家重の時代
老中・田沼意次による田沼政治と重商主義
松平定信と寛政の改革
江戸時代の藩政改革とすぐれた藩主(名君)
大塩平八郎の乱
水野忠邦と天保の改革
江戸時代の学問の発達
江戸時代の出版、川柳、狂歌
江戸時代の化政文化とは
江戸時代の文化-浮世絵などの絵画
江戸時代の医学 蘭学の発展
国学の展開と江戸の教育
江戸時代のロシアの南下
欧米の進出とアヘン戦争
江戸幕末の幕府内部の対立
日米修好通商条約の影響と尊皇攘夷思想
安政の大獄と桜田門外の変
生麦事件と尊王攘夷
新撰組と尊皇攘夷志士
討幕派の形成と民衆運動
世界を知る男、ジョン万次郎
江戸幕府の終わり
坂本竜馬の生涯
大政奉還と王政復古
江戸城開城