琉球王国の成立

 11世紀ごろには南の島々でも水田稲作がはじまり、また鉄器の生産も本格的になるなど社会が大きく変わり始めた時期でした。もともと交易を管理したり、指導したりする人々が存在したようです。

 

 

さらに彼らは、鉄器の生産と流通、そして稲作を管理し指導するようになり、地域の支配者としての性格をつよめていきました。彼らは按司やテダと呼ばれ、グスクを拠点に各地で勢力を争うようになります。

 

 

 グスクとは海に面した小高い丘の上などに築かれた城塞です。グスクの内部には沖縄の神々を祭る聖域も設けられていて、もともとは集落の一部だったと考えられています。その後、按司たちが地域の支配者としての性格をつよめると、彼らの政治拠点になり13世紀には石垣で城壁を固めた大型のグスクが各地で築かれるようになります。

 

 

 

 そうしたなかで沖縄本島では今帰仁グスクを拠点とする北部の山北王、浦添グスクを拠点とする中部の中山王、島尻大里グスクを拠点とする南部の山南王が各地の按司をまとめて、勢力を三分するようになりました。

 

 

最近、浦添グスクと、中山王家の墓所だった浦添ようどれの発掘調査がすすんだ調査結果、浦添グスクは13世紀ごろからほかのグスクを圧倒する規模と設備を誇っていたことがあきらかになりました。

 

 

そのため、もともと中山の支配が沖縄本島全体におよんでいたなかから、山北・山南の勢力が分かれて独立したのではないかとする意見も出されています。

 

 

 

 いずれにせよ、14世紀なかばには山北・中山・山南の3勢力が沖縄本島で勢力争いを続けていました。

 

 

明が中国を統一した14世紀後半には、これら3勢力の王たちは相次いで明に使者を送り、それぞれ明と冊封関係を結び、王としての地位を認められています。

 

 

国内の政治支配や内戦と明との外交関係が深くかかわっている点は、ほぼ同じ時期の征西将軍府や室町幕府の場合と同じです。ちなみに1372年に明の使者として沖縄に使わされ、中山王との冊封関係を成立させた楊載という人物は、その直前に九州に寄っており、征西将軍府の懐良親王と明との外交関係にも関わっていました。

 

 

 

 山北・中山・山南の王は、いずれも明にさかんに使者を送って他を圧倒しようとしました。しかし最終的に勝利をおさめたのは山南王のもとで佐敷の按司をつとめていた尚巴志でした。

 

 

尚巴志は中山王の武寧を倒し、浦添グスクと中山王の地位を手に入れ、明と外交関係を結ぶと山北王・山南王も攻め滅ぼしてついに沖縄本島を統一しました。これが琉球王国です。