後醍醐天皇の登場

 鎌倉幕府の打倒にたちあがったのは、後醍醐天皇でした。1321年末、後醍醐天皇は父の後宇多上皇が院政をやめたあとを受けて政治にのりだしました。

 

 

朝廷に政治の中心機関である記録所をおき、家がらにとらわれず有能な貴族を登用するなど、積極的に政治に取り組んでいきました。

 

 

その政策は各地の関所を廃止して物資の流通ををさかんにしたり京都にある酒屋に新たに税金をかけたりなど、そのころめざましい経済発展の成果に注目したものでした。後醍醐天皇の政治に対する意欲は生前に自分自身で「後醍醐」という諡号を用意していたことからもうかがえます。

 

 

 

諡号とは亡くなった天皇に対して贈られる称号ですから、あらかじめ自分の諡号を決めておくというのは異例のことです。10世紀の醍醐天皇の時代は天皇を中心とする理想的な政治がおこなわれた時代と考えられていました。後醍醐はその再現をめざしており「後醍醐」とよばれることを強く望んだのでした。

 

 

 このように天皇中心のあたらしい政治をめざす後醍醐にとって鎌倉幕府の存在は邪魔でした。しかも後醍醐には鎌倉幕府を倒さなければならないもうひとつの理由がありました。

 

 

 

 それは13世紀後半にさかのぼります。

 

 

1272年2月、後嵯峨上皇が跡継ぎをはっきりと指名しないまま亡くなると、後嵯峨のふたりの子、後深草上皇と亀山天皇とのあいだで、次の皇位をめぐる対立がうまれました。この争いは鎌倉幕府にもちこまれ、後深草の子、煕仁親王(のちの伏見天皇)が亀山の子、世仁親王(のちの後宇多天皇)の次に即位するという幕府の提案によってとりあえずはおさまりました。

 

 

 これがきっかけになって、その後は幕府の了承をとりながら、後深草の子孫(持明院統)と亀山の子孫(大覚寺統)がかわるがわる皇位につくのが慣例となりました。

 

 

 

 後醍醐は大覚寺統の出身ですが、兄の後二条天皇が若いうちに亡くなったため中継ぎの天皇として即位したにすぎませんでした。

 

大覚寺統の皇位は後二条天皇の皇子にひきつがれることになっていました。後醍醐天皇が自分の子孫に皇位を伝えていくためには持明院統と大覚寺統の取り決めと、それに了解をあたえていた幕府を倒す必要があったのです。

 

 

 1324年9月、後醍醐の最初の倒幕計画が発覚します。このときは側近の日野資朝や日野俊基らが処罰されることで済みました。これを正中の変といいます。日野資朝は佐渡に流罪になり、のちにもう一度倒幕が計画が発覚したときに処刑されることになります。