商業の発達 

古代以来の都であり、また荘園領主や武士が多く住む京都には全国から様々な産物が集まってきました。鎌倉時代になるとそれらを商品として生産・販売する職人や商人たちの集団がみられるようになってきます。

 

 

 特に京都を南北に貫く町小路や室町小路ぞいは魚や鳥、綿をあつかう商人など数多くの商人があつまる商業地域になりました。材木の運搬に便利な堀川には材木商人たちがあつまり、酒屋は京都の町中に広がっていきました。

 

 

 商人や職人たちの多くは朝廷や役所の寺社などに税金や商品の一部をおさめるかわりに京都で独占して販売できる特権を認められていました。こうして作られたのが商人や職人たちの組織である「座」です。たとえば材木商人や綿商人たちは祇園社を中心とする座を作っていました。中世の商業はこうした特権をもった商人や職人の集団によって支えられていたのです。

 

 

 地方の商業の中心は市でした。人々は毎日の生活に必要なものを手に入れるため、また年貢や公事としておさめる産物を用意するために市にあつまってきました。

 

 

 市は交通の便利なところ、とくに河原で開かれました。「一遍聖絵」には備前国の吉井川の河原に開かれた福岡市が描かれています。船で市に乗り付ける人や米や魚、布などを売ったり買ったりする人々でにぎわっている様子をみることができます。市は毎日開かれていたわけではなく、特定の日に取引が行われる定期市でした。

 

 

 モノとモノをいくらで交換するかが市では重要な問題でした。その交換基準になっていたのが米です。米は多くの荘園で生産されていましたが、絹や布、塩などで年貢をおさめることを定められていた荘園もありました。そうしたところでは作った米を市に持ち込んで、これらの品と交換していたのです。

 

 

 さらに13世紀前半以降、銭が多く使われるようになると年貢も銭でおさめるようになります。銭と米を交換するのも市でした。その交換比率がいくらになるかは米の出来具合や世の中に出回っている銭の量で決まったので市に集まってくる人々から大きな関心が寄せられました。

 

 

 銭の広がりは銭そのものを扱う金融業を発展させました。京都では「借上」や「土倉」といった金融業者が登場しました。その多くは比叡山延暦寺の関係者でした。延暦寺の下級僧たちは延暦寺や日吉社におさめられた米や銭を活用して高い利率で貸していたのです。もちろんただで貸すわけではなく借用書を取り、借金のかたにいろいろなものを預かってたりもしました。