1221年承久の乱

源実朝が暗殺された後、将軍の跡継ぎは幕府と親しい貴族の西園寺公経が交渉して摂関家の九条道家の子である九条頼経に決まりました。頼経は当時2歳でした。母は公経の娘で公経にとっては孫にあたります。後鳥羽はこの人事にも不満のようでしたが、認めました。

 

 

 院に仕える武士の組織として「北面の武士」があります。後鳥羽上皇はこの北面の武士を重視し、彼らを指揮して京の警備にあたらせました。そのなかの一人、藤原秀康は後鳥羽の信頼が厚く、側近に取り立てられて出世していきます。また後鳥羽は新たに「西面の武士」の制度をつくり京都に滞在する御家人を院に仕えさせました。さらに幕府から送られてきた京都守護についても後鳥羽が直接命令を下すようになりました。

 

 

 すべての武士を自分が支配しようとした後鳥羽は、ついに幕府の打倒を計画します。1221年、後鳥羽の計画に賛成する順徳天皇は、子の仲恭天皇に位をゆずって上皇になり、自由に動ける立場になりました。そして「北条義時を討て」という命令を各地の武士に出し、京都守護の伊賀光季を討ち、幕府と親しい西園寺公経を幽閉しました。北面・西面の武士や京周辺の御家人などが後鳥羽方の兵として集められました。これが「承久の乱」です。

 

 

 この情報を知った鎌倉では実朝の死後、幕府の中心になっていた北条政子が動揺する御家人たちを集めて語りました。簡単に言うと、
「みなさま、よく聞いてください。これは私の遺言です。頼朝様は幕府を開いて役職や財産をみなに与えました。そのご恩は山よりも高く、海よりも深いものです。名誉を大事に思う人は上皇の兵を討ち取って源氏の功績を守りなさい。上皇へつくものは申し出なさい」ということです。政子の言葉に感動した御家人たちは団結して上皇方と戦うことになりました。

 

 

 すぐに北条義時の子の泰時らを大将に東国の御家人たちが京都に向けて攻め上り、上皇軍を破って京に入ります。後鳥羽は捕らえられて隠岐に流され、順徳、土御門も流罪になりました。仲恭は天皇の位を追われ、かわりに後堀川天皇が即位しました。

 

 

 北条泰時と叔父の時房の二人はそのまま京都東部の六波羅にあった北条氏の館に留まって西国支配の責任者になりました。この役職はそのあとも北条氏に受け継がれて「六波羅探題」と呼ばれます。後鳥羽や上皇方の武士の土地は幕府によって没収され、東国の御家人が地頭に任命されてそれを管理するようになっていきます。