1、保元の乱と武士の台頭

1156年(保元元年)、鳥羽上皇が崩御します。すると後白河天皇、美福門院、信西、藤原忠道らと、これに対抗する崇徳上皇、藤原頼長、忠実らはついに武力で衝突します。鳥羽上皇の生前から鳥羽上皇が亡くなったら崇徳上皇たちが反乱を起こすだろうという噂がありました。そのため後白河天皇たちの御所には警備の武士が集められ、鳥羽上皇の臨終の際にも崇徳上皇は父親との最後の対面すら拒絶されます。そして鳥羽上皇崩御の直後、藤原頼長は邸宅を没収され流罪を言い渡されます。追い詰められた崇徳上皇と藤原頼長は白河殿に集合して武士を集めました。

 

 

 後白河と崇徳、それぞれの陣営に集まった武士にも一族の間の対立があらわれていました。河内源氏では源義家の孫にあたる為義とその子の為朝が崇徳方についたのに対し、為義と対立する為義の子である義朝は後白河方につきました。また、河内源氏とならぶ武家勢力であった伊勢平氏ではでは平忠盛の弟の忠正は崇徳方に、忠正と対立する忠盛の子の清盛は後白えていました。

 

 

これに対して公卿の藤原経宗や藤原惟方たちは二条天皇を政治の中心にすることを目指すようになり、後白河院政をすすめる信西たちとは対立するようになっていきます。また、院の近臣の藤原信頼が後白河に気に入られて急速に力をつけていきます。信頼は「能も芸もない」と評価される人物で、信西は彼を排除しようとしていきます。