山名宗全と細川勝元

細川勝元は畠山氏のなかで、かつて持国の弟持永をささえた家臣たちが、持国の実の子である義就よりも甥の政長を支持していることに目をつけました。細川勝元は政長を後押しして畠山氏の内部分裂をはかります。

 

 

その結果、大名たちは細川氏を中心とする勢力とそれに対抗する勢力との二つにわかれ、次第に細川氏を中心とする勢力が優勢となっていきます。

 

 

 

 いっぽう、成長して将軍としての自覚を高めた義政は大名の対立を押さえて将軍を中心とした政治をめざすようになります。しかし、その実現は簡単ではありませんでした。

 

 

幕府のなかで、義政が信頼して仕事を任せることができたのは、将軍の身の回りをしていた政所の長官である伊勢貞親だけでした。伊勢氏は守護大名ではありません。

 

 

しかし、幕府の財政を担当する政所を取り仕切るとともに幕府の本拠地である山城国やその周辺諸国の武士を家臣にとりこみ、大名にもおとらない勢力を築いていました。

 

 

そして義政がめざす政治を実現するため守護の家臣たちが実力で奪った土地を公家や寺社に戻させるなど大名の勢力を弱める政策をとりました。このことは幕府の内部に新しい対立をうみだしました。

 

 

 

 8代将軍義政は義満以来の歴代将軍の例にならって、中級貴族の日野家から正室として富子をむかえました。側室も多かったのですが、なかなか跡継ぎがうまれません。

 

政治も思い通りにならず、将軍の織から身を引くことを考え始めます。そして29歳だった1464年、延暦寺の僧になっていた義尋を後継者に指名します。義尋は僧から武士に戻り(還俗し)義視と名乗りました。

 

 

 義視がしめした政治に対する姿勢は大名との協調を重視するものでした。義政の信頼にもとづいて大名を抑え込み、将軍中心の政治を実現しようとしていた伊勢貞親とは考え方が大きく違いました。

 

 

 

1466年、貞親は義視の考えと義政の考えの違いを大げさに言い立てて義視が謀反をおこそうとしているという噂を流そうとします。貞親が次の将軍に決まっていた義視を追い落とそうとしたのは、前年に日野富子が義政の子を産んでいたからでした。養育する役目を任されていた貞親はその子を義政の次の将軍にしようと考えたのです。

 

 

 謀反の噂を立てられた義視は細川勝元の屋敷に逃げ込み、無実を訴えます。貞親がすすめた将軍中心の政治方針は多くの大名の反発を受けていました。大名たちはそろって義視を支持し、噂を流した貞親を追放するように義政にせまるようになります。